スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
行ってきました。
病院。

血液データは
白血球が8000あった。先生はなんにもおっしゃらなかった。
コンピュータのディスプレイに数値を表示させてもらって見るのだけど、正常値(標準偏差95%だったかな??)から外れると色が着く。だから、見てすぐわかる。
ちょっと多くないですか?って私は少し不安に感じた。
発病する前、経過観察時代からの白血球数からしたら全然少ないし、発病直前とは比べ物にならないぐらい普通なのだし、1万以下なら、だいじょぶなんだろうけど。。。ちょっと多い、って健康診断から5年。「まさか~」って笑っていた昔のフラッシュバック。
けれど、HGBもPLTも順調な感じだったので、問題なし。みたい。
ま、誤差範囲ってことって思う。

相変わらず肝機能悪化。
前回、お薬増やしたのに、じわり、と数値が増えている。
まだ増やして2週間経たないので、まだ、なんともいえないのかもわからないけど。
結局、今回は免疫抑制剤、ステロイドとも増加はなし。で、肝臓のお薬『ウルソ』を追加。
あー、免疫抑制剤も高いけど、ウルソも高いねん!
ステロイドは増やしたくないけど、安い。。。
ジェネリックにしてもらおうかとかも考えたり。。。
とりあえず、早くお薬減らんかなー。

血液系疾患はなんにしても時間がかかる。

入院して知り合った方で、血液凝固因子の何番目かがない、かなり症例の少ない疾患を持っておられる方がよくおっしゃってた。
『焦らんとな。ゆっくりな。』って。
私よりは歳は上の方だけれども、そんなに上でもない(はず)
小さなころから血液疾患で、何度も何度も入退院を繰り返されていて、、、本当にいろんなことを経験されておられる方。

入院中はよくお話させてもらったし、そういうふうに悟れるようになりたいなぁ
って思ってた。

『焦らない』ってまわりを見てしまうと、ほんとに難しい。



腹部エコー、検査着には着替えるということはなかった。
お医者さんが来られるまでの間に、こっそり腹巻ははずして、服をまくって待つ。
で、検査結果的には、見たところの異常はなさそうとのこと。
腸管の腫れもそうないし、肝臓も脂肪肝でもなさそう。
少し、肝臓が健康って状態ではない感じはするけども。とのこと。

ふう。そか。

ま、ヨカッタ。

やったぁぁて喜ぶ結果でもなかったし、
ずしーーんと落ち込むような結果でもなかった。
予想の範囲といったところなのかな。
落ち込みやすい私がそう受け止めるってことは、きっと、総じて『まる○』ってことやと思う。
ジェルでべたべた~ってことにもならんかったし◎

*-*-*-*-* 07.09.17 追記 *-*-*-*-*
『ウルソ』が高いっていうのはうそでした。
お薬買いに行って薬剤師さんに聞いたら、そんなに高くないとのこと。
すぐにお薬辞典みてくださって、こいつに比べたら全然やすいですよと
『プログラフ』を指差しながら笑っておられた。
間違いでした。
確かに、改めて調べたら安かった。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2007/09/14 22:04】 | 病気のこと | トラックバック(0) | コメント(2)
<<足がっ・・・ | ホーム | 腹部エコー>>
コメント
ウルソって高いんだ!!

白血球、いつもより多いと怖くなるよね・・・
私はいつも少なくなるので、少ないとちょっとドキっとする。
でも、採血もエコーも、先生が大丈夫っておっしゃるから安心だね。
ほんとに、よかったー!!
【2007/09/16 18:07】 URL | うみねこ #FOTi0RoY[ 編集]
うみねこさん → こんばんは。
ウルソ、高くなかったっす。すみません。。。

検査、とりあえずは安心しておこうかな。。って思います。
ありがとうございますね。
【2007/09/17 00:18】 URL | いなここ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nmkpu.blog101.fc2.com/tb.php/88-a4ecf47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
めざすところは


慢性骨髄単球性白血病を患い、骨髄移植、幹細胞移植をうけて現在ようやく会社に復帰したいなここの日記です。 失恋のショックも引きずりつつ。身内の事故もあり、再度休職中。9ヶ月の休職後、ようやく再度復職しました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

いなここ

Author:いなここ
2002年4月:会社の健康診断時、白血球が多いと診断。

ただその後は、経過観察。

2005年7月末頃:体調不良を感じ病院へ行くと、
白血球13万!
2005年8月:『慢性骨髄単球性白血病』と診断。

2005年9月:骨髄バンクへ登録。

ありがたいことに、ドナーが見つかり、骨髄提供をうけ移植をおこなうことになりました。

2006年2月:バンクドナー様より骨髄移植。

移植後100日、退院のめやすです。その日に、生着不全と診断され、再度の移植を行うことになりました。

再移植は、臍帯血移植かHLA不一致の母からの移植か、決断をしなければなりませんでした。骨髄バンクでの再コーディネートを待てない状況だったのです。

2006年6月:2度目の移植となる造血幹細胞移植。母とはHLA型2座不一致ではありますが、ドナーになってもらいました。

それから約100日、決して順調!!とは言い切れませんが、退院することができました。

2006年10月:重度のGVHDを発症。再入院。

2007年1月末頃:ようやく退院。
2007年4月会社へ復帰。
2007年7月再度休職。

2008年4月再度会社へ復帰。

2008年8月末頃 ステロイド性(?)白内障により水晶体再建術を実施。

いつかホンモノ見にいきたいな

moreから笹があげられるみたいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。