スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
また見てもうた
NHK「クローズアップ現代」新生児医療についてのテレビを見た。

すごく小さく生まれてしまう赤ちゃんが増えていて、さらにそういった赤ちゃんの9割ぐらいが命を取り留められるそう。
未熟児っていう言葉、もうあんまり使わなくなったのかな。
低出生体重児って言われていた。

多胎児、高齢出産、ストレスなどでの早産が増えているらしい。
1500グラムに満たない赤ちゃん、小さく生まれても大きくなってく赤ちゃんがたくさんいる。

早く生んでしまったお母さんたちは小さく生まれた赤ちゃんの育児に対する不安が大きいみたい。

当事者じゃなし、育児もしたことないしけど、きっとすごくすごく不安で、普通と違っちゃったことに「なんで?」って思うことも「どうしたらいいの?」って思うこともきっといっぱいあるんだろうって思う。

けどでも、
赤ちゃんを産めた。産める。
っていうだけで、やっぱりやっぱりうらやましい。

もしも自分が赤ちゃんを産んで、その子が普通とちがってしまったら・・・。それはきっと今では想像がつかない生活や心の状態になるんやろう。
私にはたしかにパーフェクトベイビィ願望はあると思う。

番組が始まる前の番宣の時点で、こういうの、
見たら、きっと、気分的に、また、波が、くる。
って思ってたのに。。。

自分の赤ちゃんを産む能力。卵子たち。
自分の命と引き換えに失ったもの。
私の今ある命は、それを引き換えにしてまで存在させるべきものだったの??
感情の波にのまれて、また泣いた。家族もいたから声を殺して涙だけ流れてた。
やっぱり、ちっとも諦めがついてないって証拠やなって思う。

見なかったほうが良かったのか、避けてるばっかりじゃだめなのか、辛いことは避けたほうがいいのか、わからない。
見て、いろいろ考えてしまったことは、どうしようもないし。
産んで辛いのと産めなくて辛いの、どっちがいいとかじゃない、
選択肢があるわけじゃないから。
可能な限り幸せと思える人生になることを祈ろう。かな。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2007/07/19 23:32】 | 病気のこと | トラックバック(0) | コメント(2)
<<千秋楽! | ホーム | 浄土真宗>>
コメント
私も今日、地震が起きた病院で出産されたお母さんが、赤ちゃんを抱きしめて「命の強さを感じました」って嬉しそうに語っていて・・・たまたまニュースでみただけなんだけど、泣けてきた・・・。
私はできるだけ、避けて通るようにしている。。

> 私の今ある命は、それを引き換えにしてまで存在させるべきものだったの??
私もときどき思うよ。。。

ほんとに、闘病中の方には申し訳ないけど、やっぱり簡単には割り切れないね。
でも、そんなことないんだ!!って思い込むしかないのかなぁと思ってます。
なかなか割り切れないけど。。
幸せだと思えるように、なろうね!
【2007/07/20 00:41】 URL | うみねこ #FOTi0RoY[ 編集]
うみねこさん → やっぱり避けて通るのが賢明なのでしょかね。。。沈んでても泣いててもしかたないですもんね。
幸せと思えるようになる!!
【2007/07/23 23:25】 URL | いなここ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nmkpu.blog101.fc2.com/tb.php/57-dd40a2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
めざすところは


慢性骨髄単球性白血病を患い、骨髄移植、幹細胞移植をうけて現在ようやく会社に復帰したいなここの日記です。 失恋のショックも引きずりつつ。身内の事故もあり、再度休職中。9ヶ月の休職後、ようやく再度復職しました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

いなここ

Author:いなここ
2002年4月:会社の健康診断時、白血球が多いと診断。

ただその後は、経過観察。

2005年7月末頃:体調不良を感じ病院へ行くと、
白血球13万!
2005年8月:『慢性骨髄単球性白血病』と診断。

2005年9月:骨髄バンクへ登録。

ありがたいことに、ドナーが見つかり、骨髄提供をうけ移植をおこなうことになりました。

2006年2月:バンクドナー様より骨髄移植。

移植後100日、退院のめやすです。その日に、生着不全と診断され、再度の移植を行うことになりました。

再移植は、臍帯血移植かHLA不一致の母からの移植か、決断をしなければなりませんでした。骨髄バンクでの再コーディネートを待てない状況だったのです。

2006年6月:2度目の移植となる造血幹細胞移植。母とはHLA型2座不一致ではありますが、ドナーになってもらいました。

それから約100日、決して順調!!とは言い切れませんが、退院することができました。

2006年10月:重度のGVHDを発症。再入院。

2007年1月末頃:ようやく退院。
2007年4月会社へ復帰。
2007年7月再度休職。

2008年4月再度会社へ復帰。

2008年8月末頃 ステロイド性(?)白内障により水晶体再建術を実施。

いつかホンモノ見にいきたいな

moreから笹があげられるみたいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。