スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
25% OFF
外来診察。

前回、ステロイドを20ミリ/dayに増量して、
MMFも500ミリ/dayに倍増して、

さて、今回の肝機能。

ほんの少し改善。

ほっ。

よかった、コレで悪化なんていわれた日にゃー涙でるよ。

でも、わたしとしてはもっと飛躍的に改善するかと思ったのに、、、ちょっと残念。

そして。

血液の主治医の先生にも視界が白いことを訴え、ステロイドの減量をお願いする。
いまさら減薬しても白い視界が改善するとは思わないけど、
やっぱりステロイドの副作用が心配。
MMFやFKの免疫抑制剤も副作用は心配だけど、まだまだゼロにはとぉいなぁ。。。

いつもステロイドの減量は2.5ミリずつ。1錠が5ミリだから半錠ずつ。
けど増やすときは一気。半錠なんて単位ではない。
けどっ。

今回は懇願して25%OFFの15ミリへの減量をお願いした。

かなり渋られたけど、副作用が・・・ って懇願したら、OKでした。

血液データ
AST(GOT)   82     (12-35)
ALT(GPT)  318     (6-33)
γ-GT      364    (3-54)

WBC     10.6     (3.4-7.3)
HGB     13.5     (11.7-15.1)
PLT      286     (160-327)


今回は久々に血液データをプリントアウトしてもらったので記録。
あいかわらずWBCは多目。コレが心配なんだよね、チョット。
肝機能、標準の値と並べると・・・イマイチなのがよくわかる。

うん。

がんばろ。


外来で、久々にお会いしたお友達がいた。
2人。
ひとりはわたしが1回目のバンクドナー様からの骨髄移植の後に、
同じ部屋で移植した女の子。
わたしよりも若くて、ご家族からの6座フルマッチの造血幹細胞移植。
1年ちかくまえに全部の免疫抑制剤がなくなったらしい。
免疫抑制剤がないから、他の予防薬も当然ない。うらやましいっ!
元気そうでよかった。通院も月1回ないぐらいだそう。
ほんと、順調でよかった

そしてもうおひとり。
悪性リンパ腫。治療されて、いくどか再発されている。
今回、数日前にPETを撮って、その結果発表の日だったみたい。
どきどきだって、いいつつも、最近数値がね・・・と、おっしゃっていた。
結果・・・・・・即入院でもおかしくないぐらい成長していたって。腫瘍が。
くぅぅっぅ。。。わたしよりもお歳は上で大学生のお子さんもおられるのに、
すごくかわいらしい方。ぎゅぅぅっと抱きしめたいような気持ちになった。
ショックを受けておられるだろうけど、
『先生も長く事情わかってくれてるから即入院はやめてもらえた』って笑顔でおっしゃっていた。

うーん。
病気の種類も症状も経過もそれぞれ・・・。
自分を基準にしてうらやましいとかうらやましくないとか、
そういうことじゃぜんぜん無いなって思う。

いまの自分で、どうか。ってことなんだろかな。

がんばろ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/06/28 22:39】 | 病気のこと | トラックバック(0) | コメント(0)
<<つめトラブル | ホーム | 上へ上へ↑↑>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nmkpu.blog101.fc2.com/tb.php/163-c974bfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
めざすところは


慢性骨髄単球性白血病を患い、骨髄移植、幹細胞移植をうけて現在ようやく会社に復帰したいなここの日記です。 失恋のショックも引きずりつつ。身内の事故もあり、再度休職中。9ヶ月の休職後、ようやく再度復職しました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

いなここ

Author:いなここ
2002年4月:会社の健康診断時、白血球が多いと診断。

ただその後は、経過観察。

2005年7月末頃:体調不良を感じ病院へ行くと、
白血球13万!
2005年8月:『慢性骨髄単球性白血病』と診断。

2005年9月:骨髄バンクへ登録。

ありがたいことに、ドナーが見つかり、骨髄提供をうけ移植をおこなうことになりました。

2006年2月:バンクドナー様より骨髄移植。

移植後100日、退院のめやすです。その日に、生着不全と診断され、再度の移植を行うことになりました。

再移植は、臍帯血移植かHLA不一致の母からの移植か、決断をしなければなりませんでした。骨髄バンクでの再コーディネートを待てない状況だったのです。

2006年6月:2度目の移植となる造血幹細胞移植。母とはHLA型2座不一致ではありますが、ドナーになってもらいました。

それから約100日、決して順調!!とは言い切れませんが、退院することができました。

2006年10月:重度のGVHDを発症。再入院。

2007年1月末頃:ようやく退院。
2007年4月会社へ復帰。
2007年7月再度休職。

2008年4月再度会社へ復帰。

2008年8月末頃 ステロイド性(?)白内障により水晶体再建術を実施。

いつかホンモノ見にいきたいな

moreから笹があげられるみたいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。