スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
すぎパワー
血液内科の外来診察。

WBC、HGB、PLT全て問題なし。
WBCが1万越していたけど・・・??聞いてみると、問題ではない。と言われる。
毎回いうけど、多いことから経過観察始まって、数年経過で発病となったので
不安なのよ。
けど、問題だ、といわれたところで、どうしようもないのでお医者様にお任せする。
腎機能、炎症反応とも問題なし。
ここのところいちばんの問題の肝機能、これが、今までにないぐらい良化していた。

いつも画面で見ると赤い表示になってばっかりの肝機能の数値、
白(正常範囲内)になってる!!項目もある。

おおっ。
これは、マイナスイオン?屋久杉?原生林?自然?緑?やりたいことやったストレスフリー?
なんの影響かはわからないけど。嬉しい。

ステロイドも、10ミリ/dayにまで戻ることがようやくできた。
いつも、ここまで来ては後戻りばかりしていたので、ようやく心理的スタート地点。
そのほかの免疫抑制剤(プログラフ 1.6ミリ/day セルセプト 500ミリ/day)は変わらない。
あと、予防薬も相変わらず。

でも、肝機能。
γ、たぶん前回の半分くらい。(けどまだ3桁はある)
こんだけ良化したの初めてぐらい良くなった気がする。気にしてるから余計にそう思うのかもしれんけど。

復職については、今回、あえて聞いてない。

だんだん、会社に戻ることに意識を向けていないことが多くなってきた気がする。
働くこと、ビジネス、に関しては関心はあるみたい。経済本やビジネス本は手に取るし。
けど、自分が実際にこれからどう働いていったらいいか、見えなくなってきている。

前回書いた、眼の手術、必要なら、早く、休んでいる間にやってしまいたい。
復職して、また、休みます。とはもう言いたくないし。
転職して、すぐ、休みます。とも言えないと思うから。

私は、何をしないといけなくて、何をすることができて、何をしたいのか。

わからん。


しかし、すぎのパワーか?この数値。
今年も残すところ少しだけど、ストレスフリー、煩悩全開で生きてくのがいいのかね??
108つの除夜の鐘でも滅せられなさそ。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2007/12/21 23:46】 | 病気のこと | トラックバック(0) | コメント(2)
<<大台。 | ホーム | 眼科受診>>
コメント
コメントご無沙汰してます(ノдT)

社会復帰への意識が遠くなってくカンジわかりますi-201
ほんとそれどころじゃないというか(おい)

ドライアイの具合はどうでしょうか?
わたしは泣くと翌日眼球に水が
溜まって視界が狭まって大変なコトに…

目はカンベンしてほしいです(┬┬_┬┬)
【2007/12/26 18:38】 URL | ひの #-[ 編集]
ひのさん → こんにちは☆
社会復帰・・・気合い入れなおさないとなぁぁと思う今日この頃です。外に出ると、精神的にうたれ弱いところがぼろぼろ。。。
ドライアイは飼いならしていきますよ!共生です。
【2007/12/28 16:12】 URL | いなここ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nmkpu.blog101.fc2.com/tb.php/122-e49fc25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
めざすところは


慢性骨髄単球性白血病を患い、骨髄移植、幹細胞移植をうけて現在ようやく会社に復帰したいなここの日記です。 失恋のショックも引きずりつつ。身内の事故もあり、再度休職中。9ヶ月の休職後、ようやく再度復職しました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

いなここ

Author:いなここ
2002年4月:会社の健康診断時、白血球が多いと診断。

ただその後は、経過観察。

2005年7月末頃:体調不良を感じ病院へ行くと、
白血球13万!
2005年8月:『慢性骨髄単球性白血病』と診断。

2005年9月:骨髄バンクへ登録。

ありがたいことに、ドナーが見つかり、骨髄提供をうけ移植をおこなうことになりました。

2006年2月:バンクドナー様より骨髄移植。

移植後100日、退院のめやすです。その日に、生着不全と診断され、再度の移植を行うことになりました。

再移植は、臍帯血移植かHLA不一致の母からの移植か、決断をしなければなりませんでした。骨髄バンクでの再コーディネートを待てない状況だったのです。

2006年6月:2度目の移植となる造血幹細胞移植。母とはHLA型2座不一致ではありますが、ドナーになってもらいました。

それから約100日、決して順調!!とは言い切れませんが、退院することができました。

2006年10月:重度のGVHDを発症。再入院。

2007年1月末頃:ようやく退院。
2007年4月会社へ復帰。
2007年7月再度休職。

2008年4月再度会社へ復帰。

2008年8月末頃 ステロイド性(?)白内障により水晶体再建術を実施。

いつかホンモノ見にいきたいな

moreから笹があげられるみたいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。